• ホーム
  • ミカルディスに秘められている効果

ミカルディスに秘められている効果

薬のケースと果物

脳卒中や心筋梗塞といった病気は死に直結する症状で動脈硬化と関係しています。
動脈硬化を加速しないようにしたり血圧を改善するための治療薬としてミカルディス(テルミサルタン)があります。
ミカルディスは「アンジオテンシンII受容体阻害薬」(ARB)という種類の薬でいくつか特徴があり、他の「アンジオテンシンII受容体阻害薬」に比べるとミカルディスには排泄経路に特徴的です。
一般的に薬の多くは腎臓で排泄され肝臓で代謝を受けますが、腎臓で排泄される場合腎臓の機能が弱い人に対して注意が必要になり、肝臓で代謝を受けるような薬は肝機能にも注意する必要があるでしょう。

ミカルディスの場合は、ほぼ100%の割合において肝臓から胆汁に一緒に排泄されるので、そのため腎臓の機能が悪い人でも利用することが可能です。
但し、胆汁による排泄は肝臓が関係しているので肝機能が悪い人の場合は注意しなければいけません。
肝臓で代謝を行う酵素にはCYP(シップ)と呼ばれている酵素が重要で、多くの薬がCYPから代謝されますが、ミカルディスは肝臓においてCYPによる代謝の影響を受けない薬です。
そのため薬同士による相互作用が少ない種類として広く扱われています。

ミカルディスの半減期は20時間~24時間で、1日1回の投与で継続的に血圧を降下することが可能です。
ミカルディスの薬物動態として食事の影響を受けやすく、例えば空腹時に投与すると食後の投与より血中濃度が高くなることが認められています。
そのためミカルディスを食事の後に服用している人は毎日食後に服用するようアドバイスする必要があるでしょう。

作用機序としてアンジオテンシンIIの作用などを阻害することができ、ミカルディスは糖尿性腎症や心不全・心臓業などにも効果があると言われていて、世界中で幅広い世代の人から人気のある医薬品です。
インターネットにある個人輸入代行サイトを利用すると安く購入することができます。

ミカルディスの作用機序

ミカルディスの有効成分はアンジオテンシンII受容体拮抗薬のテルミサルタンです。
この薬の作用機序としては、有効成分であるテルミサルタンがアンジオテンシンIIがその受容体に結合するのを防ぐことで、血圧の症状を抑えることになります。

アンジオテンシンIIは昇圧効果のある生理活性物質で、様々な働きを持っています。
この物質はレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系で産生されるホルモン様物質でもあります。

この生理活性物質の主な働きとしては、近位尿細管でナトリウムの再吸収を促進したり、血液の量を増やすホルモンであるアルドステロンを副腎皮質から分泌させるなどの作用があります。
また、細胞内へカルシウムイオンを流入させることで、血管を収縮させるという働きも持っています。
テルミサルタンはこれらの働きをすべてブロックすることで、血圧が上昇してしまうことを防ぎます。

ミカルディスの服用によって血圧の上昇が抑えられることで、血管壁にかかる負担も少なくなり、血管の動脈硬化も起こりにくくなります。
とくに心臓や腎臓、肺などには多くの血管が流れているので、これらの血管を保護することで臓器の機能を正常に保つためにも役立ちます。
また、脳のなかにはとくに細い血管が流れているので、血圧が正常に保たれていれば脳に深刻なダメージが及ぶことを避けることができます。

ミカルディスを飲んだ場合、作用時間が長いために血圧の上下変動も起こりにくくなっています。
そのため、臓器への負担がかかりにくく、心臓業や心不全、糖尿性腎症といった病気を未然に防ぐことができます。
ただし食事の影響を受けやすいため、毎日なるべく決まった時間帯に服用することでより効果的に作用が現れます。