• ホーム
  • 笑うと本当に健康にいい!

笑うと本当に健康にいい!

近年、笑うことが健康に良い効果をもたらすことが医学の分野で改めて注目されるようになりました。
病気の予防や治療に役立てるための研究も進められています。

特に笑いが免疫力がアップする仕組みが明らかにされてきたことで、病気予防の観点からますます熱い注目を集めるようになりました。
人が笑った時、免疫をコントロールしている間脳という場所に興奮が伝わって神経ペプチドという自律神経系の伝達物質が盛んに分泌されるようになります。
それが血液やリンパ液の流れに乗って全身に行き渡りNK細胞を活性化します。
NK細胞はがん細胞やウイルス感染細胞などを攻撃するリンパ球の一種です。
笑うことで活発に働くものの、ストレスや悲嘆などマイナス感情の影響を受けると働きを低下させてしまうと言われるため、病気を寄せ付けないためには笑いが必要と言えます。

笑うことは免疫力アップに大きく影響するだけでなく、脳の活動を向上させる効果も持っています。
笑うことで脳に血液が多く流れ込んで働きが高まって、記憶を司る海馬や情報の判断や解釈を行う側頭葉を特に活性化させるため、記憶力や判断力を高めます。
さらに笑いは脳波の中でも心身をリラックスさせて脳機能も高めるとされるアルファ波を増やすと言われ、笑いで高まった脳機能をさらに向上させる相乗効果も期待できます。

アルファ波はリラックスした状態で出る脳波です。
笑うことで脳内で分泌されるエンドルフィンというホルモンがもたらす幸福感とも相まって、モルヒネの数倍とも言われる鎮静効果をもたらします。
エンドルフィンのほかドーパミンというやる気や快の感情、プラス思考をもたらすホルモンの分泌も笑いによって促されるため、モチベーションのアップにも役立ちます。

笑うことは意外なほど多くのカロリーを消化すると言われています。
筋肉の量も増加させることから、脳にとって良いばかりでなく肉体的にもメリットが多いと言えます。
笑いは腹部の筋肉を特に刺激するため代謝機能も高まり、腸内でつくられる免疫細胞にも良い影響を与え、脳と肉体の両面から健康の維持増進に役立つことになります。

他にもある!笑うことによる効果!

脳と肉体の両面から健康維持できる点について述べましたが、笑うことはそれ以上に素晴らしい影響を我々に与えてくれます。
笑うことでアルファ波と呼ばれる脳内物質の働きが活発になり、記憶力や判断力が改善することもあります。
仕事で成果を求められ、緊張の連続だという方は逆境こそ笑ってみましょう。
健康面でもとても優れた効果をもたらしてくれます。
免疫力が上がり、病気になりにくい体内環境に整えてくれます。
医薬品に頼らずとも、笑って過ごすほうがより健康的な生活を過ごせるかもしれません。

笑うことで幸福感も満たされるでしょう。
副交感神経を刺激して心身の状態を緩和する働きがあるという一説もあります。
ストレスを感じすぎていて精神的な疲労を抱えている方は、副作用のない笑いによって心を休ませることもできるはずです。
最初は笑えなくとも一緒に過ごす方と会話をしながら微笑むだけでも幸福感を感じられます。
何と言っても笑うことは、人間関係の円滑化にも効果がある優れものです。

思いっきり笑うことで肉体も鍛錬されます。
腹式呼吸になるので、全身の血行が改善されて代謝も良くなります。
疲れますが、軽い運動ぐらいの力は使うでしょう。
気心知れた方とおしゃべりをするだけで鍛えられるのは非常に魅力的な方法です。
落ち込みやすい状態になると自然と自律神経が不安定なりますが、笑うことによるドーパミン物質などの増加により、やる気が出て仕事や家事や勉強など生き生きと過ごそうという意欲も湧いてきます。

人間関係も改善できて健康を維持する上で手軽に試せる笑いは、万能薬と言っても過言ではないかもしれません。
これこそが全てではありませんが、驚くべき影響を自然と体感できるでしょう。