• ホーム
  • 糖尿病というなめてはいけない病気

糖尿病というなめてはいけない病気

患者を診ている医者

糖尿病の初期には自覚症状がありません。
健康診断などで血糖値が高いことを指摘されて初めて気付くというケースもあります。
また、血糖値が高い状態が続くと喉の渇きや多尿などの症状が現れます。
このような症状がある場合には早めに一度受診しておいた方がよいでしょう。
というのも糖尿病は血糖値が高いだけでは苦痛を感じることはありませんが、血糖値が高い状態が続くと全身の血管を傷つけてしまい、それによって引き起こされる合併症が怖い病気だからです。

血管の中でも毛細血管と呼ばれる細い血管はもともと血管がもろいこともあってダメージを受けやすく、早いうちから影響が出てしまいます。
毛細血管が集中する網膜、腎臓、手足に現れる障害の糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病の三大合併症(細小血管障害)と言われ頻度の高い合併症です。

糖尿病網膜症は自覚症状がないまま進行し、網膜の毛細血管が傷ついた結果、最終的には失明します。
これは日本人の失明原因の第2位です。
ただし、早期発見であればすぐに失明してしまうわけではないので、自覚症状がなくても定期的に眼科で眼底検査を受けることが大切です。

糖尿病腎症は腎臓にある糸球体という毛細血管の塊が傷ついて尿中にたんぱく質が出るようになったり、次第に腎臓の働きが弱くなり、さらには腎不全となって人工透析が必要になります。
人工透析を受けるようになる原因で最も多い病気で、現在も増え続けています。
この病気は、ゆっくりと進行して自覚症状も少ないですが、人工透析が必要となると生活制限も大きくなります。

糖尿病神経障害は手足の感覚などをつかさどる末梢神経が障害されて手足がしびれたり、悪化すると痛みの感覚が鈍くなったりします。
このために怪我をしても気付かずにいて感染症を引き起こしたりします。
特に足は壊疽になりやすく、場合によっては足を切断しなければならなくなることもあります。
神経障害の症状は初期の段階から自覚できるので、この症状に気づいたら早めにかかりつけ医に相談しましょう。

血糖値が高い状態は毛細血管だけでなく、太い血管にも影響を与えます。
大血管障害と呼ばれる脳梗塞や心筋梗塞など直接命にかかわる病気を引き起こすこともあります。
このように、血糖値が高い状態を放っておくと、様々な合併症を招く可能性が高くなります。
糖尿病は遺伝的な体質もありますが、主には食べすぎや運動不足などの生活習慣が引き起こす病気です。
そのためには食事療法や運動療法を基本とした血糖コントロールをきちんと行うこと、肥満や他の生活習慣病があればその治療も合わせて行っていくことが合併症の予防のために大切です。

糖尿病の治療方法について

糖尿病は失明の危険を招いたり、足の壊疽を引き起こして切断したりすることになる恐ろしい病気です。
決してなめてはいけない病気であることを自覚することが大切です。
糖尿病で大切なのは、血糖値を上げないことです。
糖尿病のある人生とよく言われますが、糖尿病は完全に治すことはできませんが、心掛け一つで健康人と何ら変わらない人生を過ごすことができます。
しかし侮って血糖コントロールを不良のままにしておくと失明や足の切断につながります。

肥満であったり、頻繁に喉の渇きを覚え水を大量に飲むようになります。
尿の量が増加するのも兆候の一つです。
生活習慣病といわれるように肥満や過食・運動不足、加齢が環境因子と血縁者に患者さんがいるかどうかの遺伝因子が関係しあって発症することがわかっています。

糖尿病の治療方法としては、基本的に食事療法と運動療法です。
それでもコントロールが十分でない場合には、薬物療法が一緒になされることになります。
特に、薬物療法は、食事・運動療法がきちんと行われていることがとても大切になります。

糖尿病の治療に用いられる薬には、飲み薬すなわち経口薬とインスリンの2種類があります。
インスリン分泌の低下やインスリンの感受性が低下して、高血糖を引き起こしているのでインスリンの感受性を改善したり肝臓から血液中にブドウ糖が放出されるのを防いで血糖を下げます。
飲み薬が効かなくなると直接インスリンを注射で外から補い、血糖値を安定させます。

糖尿病の治療の原則は一に食事で、二に運動です。
正しい食事と適度な運動は自動車の両輪のようなものです。
運動をするとこんな効果があります。
血糖値が下がり、肥満が解消し、インスリンの感受性を改善します。
筋力・体力の向上につながります。
薬を使っている人は、捕食をしてから運動をするようにしましょう。