• ホーム
  • 逆流性食道炎などはネキシウムがいい

逆流性食道炎などはネキシウムがいい

ネキシウムとは胃酸を抑える作用を持つ薬です。
胃酸には胃腸に侵入した菌を殺菌する役割があります。
殺菌する能力を持っているということはその分刺激が強いという特徴も持っています。

そのため、胃粘膜を傷つけてしまったり、逆流したりといったことが起こる可能性があります。
胃粘膜を傷つけることで胃潰瘍、胃酸が逆流することで逆流性食道炎を発症する可能性があり、その治療にネキシウムが有効となります。
他にも胃の様々な原因菌として知られるヘリコバクター・ピロリを除菌するためにも用いられます。

多くの胃痛に効果を発揮し、幅広い方が使用出来る薬ではありますが持病やアレルギーを持っている方は念のため医師にそのことを伝えておく必要があります。
別の薬を服用している方も同様です。
肝臓の働きが弱っている場合はネキシウムの血中濃度が上昇しやすくなります。

肝臓病のある方や高齢の方は副作用の発現に特に注意しておく必要があります。
ネキシウムの飲み方は症状や治療の目的によって変わります。
そのため、医師に伝えられた通りの飲み方を守る必要性が非常に高いです。

ネキシウムは作用が強く治りが早いとされる成分なので投与期間を守ることも非常に重要となります。
例えば胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合は6週間から8週間までと制限されています。
胃酸は人間の生活にとって必要なものでもあるため、この胃酸を抑えるネキシウムは必要な分を適切に服用することが非常に重要と言えます。

ネキシウムは副作用の少ない薬とされています。
消化機能が少し落ちることは胃酸減少の効果が出ていることからある程度は自然な反応とは言えます。
しかし、あまりにも酷い下痢などの症状が出ている場合は医師へと相談することをお勧めします。
重い副作用としてはアナフィラキシーショックや血液成分の異常などが挙げられます。
滅多に起こらない症状ではありますが、万が一それらの初期症状が見受けられた場合は病院で診察を受ける必要があります。

ネキシウムが効果を発揮する症状まとめ

逆流性食道炎と診断された場合、多くの医師がネキシウムを処方しています。
ネキシウムは、ほかにも胃もたれや胃炎、胃痛、慢性胃炎などの胃の不調、十二指腸潰瘍や胃潰瘍など、胃酸の分泌過多が原因の症状の場合にも処方されます。
さらに、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも用いられます。
ネキシウムが胃酸の分泌を抑制することで胃内のpHを上昇させるので、抗菌薬の抗菌作用を高める役割を果たせるからです。
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌には、この効果を利用し、2種類の抗生物質とネキシウムを併用し、除菌成功率を高めています。

ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬の一種です。
プロトンポンプとは、胃壁細胞内で一連の胃酸分泌反応が起こるときに関与している酵素のことをいいます。
ネキシウムは、プロトンポンプと結合してこの反応を阻害します。
胃酸が多く分泌されるのを抑制し、症状を緩和させるのです。

ネキシウムは、プロトンポンプ阻害薬の中では即効性があり、服用後36時間すれば不快な胸焼けやのどの詰まりなどの症状は改善されます。
また、高い持続性を有しているため、1日1回の服用で24時間胃酸の分泌過多を緩和させる効果を発揮します。
安定的に効果を発揮することからも、多くの医師から選ばれる薬剤になっています。

ネキシウムの副作用は、ほかのプロトンポンプ阻害薬に比べて少ないとされていますが、個人差があり重い症状を示す人もいます。
副作用として報告されている主なものには、下痢・便秘、胃の不快感や肝機能異常、びらん性胃炎や腹部膨満、胃ポリープ、貧血、発疹、味覚異常などがあります。
いずれも生活に支障が出るというほどのことはありませんが、長期服用の場合には影響が大きくなる可能性もありますので注意が必要です。