• ホーム
  • 遺伝子検査の進歩で将来の病気に気づける?

遺伝子検査の進歩で将来の病気に気づける?

医療をめぐる環境は年々進歩してきています。
不治の病と言われていたような病気も治療法が見つかったり、予防の仕方などが普及したりといった形で命を落とさずに済むことも増えてきています。
様々な形で進歩していますが、特に最近注目されているのが遺伝子検査というものです。

私たちは一人一人異なるDNAを持っています。
両親から半分ずつ引き継ぐとも言われ、場合によっては病気になりやすい傾向なども遺伝することがあります。
人種によってかかる可能性が高い病気があるという事もありますし、こうしたルーツについて知っておくことは重要なことです。

遺伝の可能性がある病気の中では、家族の中に同じ病気になった人がいないかという事も診察の際に重要視されることもあります。
こうした遺伝しやすいものの場合には、将来かかる可能性があるという事を予測しやすいでしょう。
それを細かく遺伝子の情報から傾向を予測していくことができれば、高い確率でかかると思われる病気について早めに気付くことができるのです。

将来のことについて早めに気が付けるという事にそれほど重要さを感じない方もいるでしょうが、前もってある程度傾向がわかればそれに合わせて準備していくということが可能になります。
健康診断をすべての項目について細かく行うという事は難しいですが、かかりやすい病気を細かく行っていくという事なら取り組むことができるでしょう。
早期発見なら治療が可能な病気も多いですから、こうした形でポイントを絞って危険性の高い病気がどれかという事をチェックできることは大きな意味があります。

これまでは人種や家族歴などでなんとなく傾向を把握して予測するしかありませんでした。
細かいデータが蓄積され分析していくことができればより個人の傾向に合わせた健康診断や治療の計画を立てていくことができます。
それは健康を守って行くうえで重要なポイントとなります。
ぜひ今後の遺伝子検査の進歩に期待を寄せていきたいところです。

人種でなりやすい病気ってある?

欧米人と外見上の違いがあるように、人種によって体質が異なることがあります。
体質が違うことで病気のかかりやすさや病気の発症率も変わるのです。
例えば、日本人などのアジア人種は、ヨーロッパやアメリカなどの欧米人に比べてインスリン分泌能力が低いことがわかってきています。
インスリン分泌能力が低いということは、血糖値が高くなる傾向にあるのです。

DNAの塩基の配列は一生変わらないので、その順番を調べることで血縁関係を確認することや遺伝病の予測をすることができます。
遺伝子は、DNAの中において遺伝情報を含む部分を示します。
人間のDNAは、25,000種類にも及ぶ遺伝子があります。
人間が持つ遺伝子は人種によって異なり、人としてのルーツは同じでも、黒人や白人、アジア人などで差があることがわかっています。
タンパク質などの遺伝暗号を生まれながらに持っていない人では、様々な病気にかかりやすく、遺伝子と病気の関係が明らかです。

進歩した遺伝子検査では、将来病気にかかる確率などを知ることができるので、予防したり、病気を発症しないような食生活や運動習慣をするためには必要です。
日本人と欧米人では遺伝子情報が異なるため、体質も違います。
欧米人で推奨されている健康法や食生活が日本人にも効果があるとは限りません。

最新の遺伝子調査では、日本人の平均と比べてどの程度病気のリスクがあるかなどがわかるようになります。
それらの遺伝子検査の結果をうまく活用すれば、病気にかかる前に検診をうけたりするなど病気を未然に防ぐことができるのです。
日本人になりやすいガンや脳卒中などのリスクを減らすためにも、遺伝子検査を受けることがお勧めです。