スキンケア

自分の肌にあった洗顔料はどう選ぶ?選び方のポイントや正しい洗顔方法を解説

「どの洗顔料を選べば良いか分からない」「洗顔料を選ぶポイントは?」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、自分の肌にあった洗顔料の選び方や正しい洗顔方法を紹介します。

この記事にこんな人がおすすめ

  • 自分の肌に合う洗顔料を選びたい人
  • 洗顔方法を知りたい人

本記事で紹介する洗顔料の選び方を実施することで、肌を健康的に保つことができモテ肌に近づけます。

つまり、モテる男になるための行動ということ。「洗顔料を肌に合わせたところでどうなるの?」と思うでしょうが、一つ一つの積み重ねが大きな変化になるんです。

美容を研究している僕が洗顔料の選び方と正しい洗顔のやり方について解説していきます。

肌の変化は第一印象の変化に繋がるのでぜひ実践してみてください!

洗顔料はなぜ必要?

肌を健康な状態に保つには洗顔料で洗うことがとても大事です。あなたは普段どんな洗顔料を使っていますか?

洗顔料と言っても様々なタイプが販売されています。泡タイプクリームタイプ固形タイプなど選択肢は沢山あります。さらに、肌質肌の悩み年齢別など人の肌質も十人十色です。

自分に合った洗顔料を選ぶポイントとしては、皮脂が多い場合はしっかり皮脂汚れを落とせるタイプを、乾燥肌が気になる場合は保湿成分が配合されたタイプを選ぶと良いですよ。

肌に合っていないものを使い続けると肌の状態が悪くなり、ニキビや肌荒れの原因になります。

自分に合った洗顔料で健康的な肌を実現しましょう!

洗顔料の選び方

洗顔料にはさまざまなタイプがあります。その特徴を知ることで肌にあう洗顔料がわかってきます。

自分に合う洗顔料を見つけるためには、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

このポイントを押さえて洗顔料を選べば、自分に合うものが見つかるでしょう。それぞれについて詳しく解説します。

洗顔料のタイプ別で選ぶ

洗顔料といってもタイプはさまざまです。まずは洗顔料よタイプごとの特徴からチェックしていきましょう。

クリームタイプ

一般的に洗顔料として浸透しているクリームタイプ。ドラッグストアやスーパーに置いてあるので手に入りやすくチューブ型なので使いやすいのが特徴です。

クリームタイプは成分配合させやすく、保湿や洗浄が強いものなどバリエーションが多いので自分の肌に合った物を見つけやすいです。

特に、男性用の洗顔料にはスクラブ入りのものが多いので、脂性肌で洗い上がりをさっぱりさせたい方に人気です。

泡タイプ

クリームタイプとは違い、泡のままででてくるポンプ式なので手間いらずの洗顔料。すぐに洗顔を済ませたい方や朝に時間をかけられない方に人気です。

泡タイプは最初からしっかり泡立っているので、肌への摩擦が少なく負担を最小限にできます。ただ、割高な商品が多いためコストパフォーマンスを重視する方には向いていません

肌に密着しやすい濃密泡タイプもあれば、泡切れのいいふわふわタイプなどあります。使ってみて自分の肌に合うものを選びましょう。

固形タイプ

固形タイプは言わゆる石鹸のこと。固形石鹸はクリームタイプと同じく馴染みがある洗顔料です。

シンプルな材料と天然成分やオーガニック成分が配合されている商品が多く、肌に優しく安全性が高いというメリットがあります。ただ、毎回泡立てさせるのに他の洗顔タイプより時間がかかることというデメリットもあります。

スキンケアを丁寧にしたい方や肌質が弱い方におすすめのタイプです。

ジェルタイプ

水分量が多く粘土の高くもっちりとした洗い上がりになる洗顔料。水分量が多いのでクリームや固形石鹸に比べると簡単に泡立てられるのが特徴です。

もっちりとしたタイプの洗顔料は、肌に広げて吸着して汚れを取ってくれるのであまり擦る必要がありません。

肌質や肌の悩み別で選ぶ

自身の肌質や肌悩みに沿って選ぶためのポイントです。

乾燥肌

乾燥肌は肌のバリアが低下し、皮膚の水分量が少なく逃げやすい状態になっています。

洗浄力が高すぎる洗顔料は乾燥を加速させる可能性がありますので乾燥肌の方には向いていません。

刺激が少なく保湿成分が配合されている洗顔料がおすすめです。ヒアルロン酸やセラミドのような保湿成分が配合されている商品をチェックしましょう!

脂性肌

脂性肌は皮脂も水分も多く、空気中の汚れが付着しやすい状態になっています。また、皮脂や汚れが毛穴を塞ぐことでニキビの原因になります。

余分な皮脂を洗い流すため、ほどよい洗浄力を持つさっぱりした洗い上がりの洗顔石鹸がおすすめです。

皮脂を落とすと言っても顔を洗いすぎてしまうのはおすすめできません。洗顔回数には気をつけましょう。

敏感肌

洗顔後に顔が赤くなったり、化粧水や日焼け止めがヒリヒリしたりする敏感肌の方は、添加物が少ない洗顔石鹸がおすすめです。

成分表をチェックして、着色料や香料、防腐剤などが入っているかをチェックしましょう。

 どうしても肌へ不安がある方は病院でしっかり検査してから使いましょう。

ニキビ肌

ニキビができやすい方は、抗炎症作用や殺菌作用のある成分が配合されている洗顔料がおすすめです。成分表を確認し、グリチルリチン酸やサリチル酸が含まれているものを選んでください。

「ノンコメドジェニックテスト済み」と書いてある洗顔料もチェックすると良いですよ。

絶対にニキビができないわけではないですが、安心して使える洗顔料選びの指標にできます。

年齢に合わせて選ぶ

年齢に合わせて洗顔料を選ぶ方法もあります。

10代~20代は思春期の特有の皮脂の分泌が多く、洗浄力の高い洗顔料を選ぶと良いです。

しかし、30代~40代になると、肌の変化が現れはじめ、乾燥しやすくなってきます。

保湿力が高い洗顔料や洗浄力がマイルドなものをチェックしてください。

また、40代~50代になると、さらに皮脂の分泌量が減少していきます。保湿力が高く、肌に優しい成分の洗顔料を選びましょう。

正しい洗顔のやり方

ここまでは自分に合う洗顔料の選び方を紹介しましたが、正しい洗顔法方をマスターすことでより良い健康的なモテ肌を手に入れることができます。

以下の方法で肌状態に合わせて洗顔してみましょう!

  1. 手を清潔にする
  2. ぬるま湯で軽くすすぐ
  3. 洗顔料はしっかり泡立てる
  4. 擦り洗いはしないで泡で洗うイメージ
  5. 洗い流しは優しくすすぐ

洗顔料を使う時はしっかり泡立てて使います。

泡立てないで洗顔してしまうと、肌を無駄にこすり洗いしてしまい摩擦で肌荒れの原因になってしまいます。

洗顔料を使う時は洗顔ネットでしっかり泡立てると良いですよ。洗顔ネットがない場合は手のひらで泡立ててもOKです。

洗い流す時は、 ぬるま湯で洗い残しがないよう丁寧にすすぎます。最後に柔らかいタオルで吸わせるように拭き取って化粧水や乳液でスキンケアをしましょう!

関連記事
モテ肌へ導く!!メンズスキンケア「洗顔」正しいやり方と注意点

「洗顔って大事って聞くけど、自分の洗顔が合っているのか分からない、、、正しい洗顔方法を知りたいです。」と悩んでいませんか? そんな方に向けて、モテる肌に導く正しい洗顔のやり方を記事に書きました! この ...

続きを見る

まとめ

今回の記事では、自分の肌にあった洗顔料の選び方や正しい洗顔方法を紹介しました。

以下にまとめたので、わからない部分は再確認してくださいね!

自分の肌に合った洗顔料を選ぶことで、肌を健康的に保つことができモテ肌に近づけるんです。

逆に肌に合わない洗顔料を使っていると肌荒れやシミに繋がるので気をつけましょう。

肌の変化は第一印象の変化に繋がるのでぜひ実践してみてください!

-スキンケア
-, , ,

© 2021 モテWAZA Powered by AFFINGER5